宣伝に使える!看板素材に適したスチレンボード

スチレンボードってなに?

街中やお店でよく見かける看板やフレーム類、これらはどのような素材で作られているのかと気になったことはありませんか?また看板などの素材は重そうに見えるのに、持ち運んでる姿を見ると軽そうに見える、といった経験もありませんか?これは看板に使われている素材に秘密があります。それは看板にスチレンボードと呼ばれる素材を使っているからなのです。スチレンボードとはポリエチレン樹脂を発泡した製品でとても軽くコシがある素材です。またこの素材は加工が行いやすくそれゆえ宣伝などに使う看板などに向いているのです。またこのスチレンボードはほかの合成紙と組み合わせることでさらに耐水性や強度を上げることができ、これにより壊れにくい看板の製作が可能になります。

スチレンボードの様々な用途

スチレンボードには様々な使い方があり、それを知っておくことで今後の宣伝活動にも役立つと思われます。よく使われているのがお店の販促物として見かける店内POPです。これもスチレンボードにより作られており、その印刷されたデザインによって人の目を引くことができます。またポスターフレームの裏板やイベント用の掲載物にも幅広く使われています。これらの用途に合わせて様々なタイプのスチレンボードが存在し、素板タイプや紙張りタイプ、糊付きタイプなどがあります。素板タイプと紙張りタイプは主に手描きのものを張り付けるのに向いており、糊付きタイプはスクリーンの印刷などに向いています。これらを念頭に置いてスチレンボードを使い分けてみましょう。

スチレンボードは、板状の目の細かい発泡スチロールの両面に紙などを貼ったボードで、ポスターの展示やクラフトワークの材料として使われます。表面に印刷ができるものや片面がシールになっているものもあります。