まるで公園!?今注目の「ガーデニング霊園」とは

お墓のイメージを覆す、美しく明るい空間

日本で死者が眠る場所といえば、墓地。一般にイメージされる、お墓がたくさんある場所が墓地にあたります。

しかし今は、お墓自体のデザインだけでなく、その場所全体のデザインも一新する取り組みが各地でなされているのです。

その取り組みの一つとして、今注目されているのが「ガーデニング霊園」。季節の草花が手入れされた緑豊かな空間は、霊園というよりも、さながらグリーンガーデンです。

お墓というと、どうしても暗い、悲しいイメージがつきもの。しかしガーデニング霊園は、まるで公園のような明るい空間だから、大人はもちろん子どももお墓参りへの抵抗感を感じにくいのです。

終活、お墓選びの新たな選択肢

お墓参りをする立場から、ちょっと視点を変えてみましょう。

もし自分がお墓に入るとしたら。暗い日陰のお墓の中よりも、陽の光があふれる美しい場所で眠りたいと思いませんか?

終活やお墓選びという作業は、あまり気乗りしないもの。自分が死んだ後のことを考えるのだから、当然です。しかしそこに、「ガーデン霊園」という選択肢をくわえることで、見える未来は一変するかもしれません。

明るいガーデンのような空間で眠る自分と、暗い顔ではなく、明るい顔でお墓参りに来る家族や友人たち。同じ「お墓」でも、周囲の環境の違いによって、イメージや印象はこんなにも変化します。

お墓参りをする側の人、お墓の中で眠る人。ガーデニング霊園は、そんなあらゆる立場の人にとって、革新的な選択肢となっているのです。

いせやは、東京都吉祥寺で、精肉業や焼き鳥屋、すきやき屋を営んでいるお店です。1928年創業の歴史あるお店です。精肉業も営んでいますから、そこで提供されるすき焼きや焼き鳥の味は折り紙つきです。